• 劇場紹介

劇場案内

本サイトをご利用いただくためには、最新版のAdobe Flash Playerのプラグインが必要です。お手数ですが、以下ページよりダウンロード・インストールの上ご利用くださいませ。

また、本サイトではJavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。ご利用の際には、ブラウザの設定でJavaScript、スタイルシートを有効にしていただく必要がございます。

Adobe Flash Player

劇場紹介

新しい文化・芸術のここちよい風を。

ブリーゼとは「そよ風」のこと。
このホールから、新しい時代の文化・芸術のここちよい風が立つ、
そんな想いが、この名前には込められています。
1952年に開場し、大阪の劇場文化の基礎を創ったサンケイホールのDNAを受け継ぎつつ、
次世代のエンターテインメントを生み育てていこうという、文化創業の意欲をもつホール。
50年を闘った自負と、ニューカマーとしての熱意をベースに、
新たな大阪のシアターカルチャーを創造したいと考えています。

FOYER 真っ白のホワイエから、漆黒の異空間へ
なにより真っ白な印象にこだわったホワイエのデザイン。外側から回り込むガラスのファサードが、ホワイエを白い吹き抜けにします。 しかし、劇場内部に一歩入ればそこは漆黒の空間。
このブラック&ホワイトの強烈なギャップこそ、サンケイホールブリーゼならではの世界。 都市のなかの異空間です。
FOYER画像
THE BLACK BOX 舞台上への意識が高まる「黒い箱」。
ホール内部は「ブラックボックス」と称される漆黒の空間。壁、椅子、背もたれ、手すりなど、すべてが黒一色。黒は、不必要な光の反射や映り込みを抑え、観客の舞台上への意識を高めます。
この極めて希な「黒い箱」というハードコンセプトによって、観客はもちろん、演者にとってもフォーカスの高まる空間が誕生します。
THE BLACK BOX画像

The Architect

クリストフ・インゲンホーフェンの写真

クリストフ・インゲンホーフェン Christoph Ingenhoven
1960年、ドイツ生まれ。
タワーの外観デザインとともにホールも設計。
"Black as a neutral colour"との考えから、ブラックボックスを提案。
http://www.ingenhovenarchitekten.de/
  • 劇場紹介
  • 劇場概要
  • 座席表
  • 劇場サービス
  • アクセスマップ